三鷹の注文住宅なら株式会社小池工務店

MENU

HOME > ブログ >  ワタシの家ができるまで”ママの家づくり” > 『完成、そして引越し①引越し準備』~ワタシの家ができるまで “ママの家づくり”~

『完成、そして引越し①引越し準備』~ワタシの家ができるまで “ママの家づくり”~

3586707_m

これまで大阪、群馬と以前にも主人の転勤に伴い引越した経験はありましたが、その時は、すべて会社が引越し屋さんを手配してくれました。

荷物を詰めるのも、新居で荷ほどきをするのも全て引越し業者さんがやってくれました。

だから、引越し屋さんに触ってほしくないものだけ、あらかじめ自分で先に梱包しておく、といった調子でとても楽でした。

でも今回の引越は自分たちで家を建てたのが理由だったので、従来利用していたような引越し業者さんのサービスは利用せず、自分たちで箱詰めをしたりしました。

私と子どもたちは学校開始のタイミングの都合により実家に先に来ていたので、主人だけは引越しが迫った3、4ヶ月の間はマンションに単身で住んでいて、私は実家とマンションを行ったり来たりしながら荷造りをしたのを覚えています。

不要な家具を処分する際、立川では自分で粗大ゴミを施設に持っていけば、大きさによっては市民が持ち込めば無料で捨てることができたので、ちょくちょく持って行きました。

でも三鷹には、残念ながらそういう制度がないとの事で、それならば立川にいるうちに捨てなきゃ!ということで、使わなくなったベビーカーやチャイルドシート、カーペットなどはそこで捨てました。

マンションの解約手続きについても、立川のマンションは会社手配で借りていたマンションだったため、主人の勤務する会社が不動産屋さんと直接連絡を取り合って解約手続きをしてくれました。

最終日には不動産屋さんが家に来てくれましたが、それ以外は私たちは特に何もする必要がありませんでした。マンションを引き払うときは、私はすでに三鷹にいましたので、主人に最後の引越し屋さんの対応をしてもらいました。

引越し間際はとてもバタバタしていたため、ゆっくり近所の方へのお別れの挨拶ができず、「明日引っ越すから~!」とか言ったくらいでした。

でも三鷹に引越してから間もなく、立川から友達が遊びに来てくれたので、そこで色々なお話ができてよかったです。

最新のブログ

最新のお客様の声動画

カテゴリ

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年12月
    « 10月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031