三鷹の注文住宅なら株式会社小池工務店

MENU

HOME > ブログ

ブログ

 

小池工務店でキッチンリフォームされた方にお話を伺いました。

毎年新しい、便利な機能を搭載したシリーズが開発されているキッチン。

まだまだ使用できるキッチンではあったものの、使い勝手を良くしたかったというお施主様。

TOTOの最新・最高級グレードのキッチンを採用された理由について、お話しいただきました。

 
弊社にて20数年前に施工させていただいた御宅にて、昨年末に外装リフォームを行いました。今回塗装した外壁は、タイル調の目地が特徴のサイディングであったため、あえてベタ塗りはせずに目地の色を残す塗装方法をご提案しました。ディティールに精巧な仕上がりが要求されたため、サイディング同士の隙間を埋めるシーリングの打ち替えは、専門の職人さんによって施工が行われました。劣化したシールを全て取り除き、その後新たに打ち替えました。
 
丁寧なシーリング打ち替え作業を完了すると、次はいよいよ塗装です。全体にクリア塗装を施す前に、特に紫外線で劣化した東面にはあらかじめ、新品時のサイディングの色を作り塗装を施しました。この時にも塗装に細心の注意が求められました。タイル調サイディングの細かな面を一つひとつ、丁寧に塗っていきます。目地を避けてローラーを使い全体的に塗っていきましたが、シールとサイディングの境目は、一つ一つ、絵画のように筆で色を塗り付けていくといった、特に細かな作業が行われました。さらには、目地部分も劣化している部分には、同じく筆で一本一本、時間をかけて塗装を施しました。
 
屋根部分も、長年の紫外線の照射によって劣化したスレートを、塗装によってしっかりとコーティングしました。適切な時期にこの様なリフォームを実施することで、その後も数十年に渡り、見た目が綺麗になるのはもちろん、安心で安全な家が長持ちします。

コノイエ

今日はあんしん解体業者認定協会という会社の方が来社し、コノイエという建設業者紹介サイトのお打合せをさせていただきました。

解体業者さんは、新しい家を建てる前に以前の建物を解体する為、初めてその敷地で作業をする業者さんになりますが、単純に建物を壊せばよいというわけではなく、騒音や振動の対策など、解体時のご近所への配慮もさることながら、解体後に建てる建物を意識しながら特に地面より下の基礎やその下の地業部分、また配管まで丁寧に取り除き、新たな建物がスムーズに建てられるように配慮してもらう事が必要です。

そのような中、現在では様々な解体業者さんがいる中で、あんしん解体業者認定協会さんは一定の基準により、より良い業者さんを集めて、ご紹介してくれたりもしています。

また、実際に解体した物件のお客様から“建築会社を紹介してほしい”との要望が多く、それならばとコノイエという業者を紹介するサイトを立ち上げたそうです。

様々な建築業社と面談した上で、コノイエに掲載しているそうです。

当社にもお話しをいただき、掲載いただいております。

以下サイトのリンクです。

株式会社小池工務店

今回ご担当者が変わられたので改めてご来社いただきました。

引き続き宜しくお願い致します。

542822_l

引越し業者さんが荷ほどきをしてくれていた以前の引越しはとても楽でした。

引越し屋さんはプロだから、家のどこにどんな物を収納すれば良いかというのを熟知しています。

主婦みたいなスタッフの方が3人、テキパキと「これはここでいいですか!?」と言いながらどんどん入れてくれるんです。

でも、今回はそのサービスは使用せず自分たちでやることにしたので、そんな方々はいません。

そうすると、家の中で片付ける際、行き場の定まらない荷物は「とりあえず上に行こうか!」と、ついついロフト行きです。

その荷物、8年経った今もそのまま置いてあります。

「これはココ、それはそこ、これは…はい、ロフト!」なんて調子でロフトに一度上げると、下ろすのがまた大変。

友人宅のロフトには、来客用の布団しか置いていないのに。

でもうちは、「ちょっと置いておくだけだから」と言って、ずっとロフトに置きっ放し。

教訓があるとすれば、「荷物を安易に上(ロフト)に持っていかない!一回考えて」という事でしょうか。

後になって下に降ろすのは大変です。

ロフト以外にも、子ども部屋の一つが引越し後しばらくの間、荷物置き場になっていました。

そういえば、「ものが多いですね!!」と引越し屋さんに言われたのを思い出しました。

物を減らすのが苦手な私、一生の課題です。

 

近所には同級生が年齢の近い子どもがたくさん住んでいるので、一緒に遊んでもらってすぐに仲良くなれたのはとても良かったです。

娘と息子は引越し当初自転車には乗れなかったんですが、近所のお母さんがいつの間にか教えてくれました。

「大丈夫、大丈夫!」と声をかけてくれて、教えてくれました。

うちの子達はまだ自転車に乗れなかった頃、自転車で威勢良く出発する近所の友達の後をかけっこで追いかけて公園まで遊びに行っていました。

そんな調子で周りの子がガンガン乗り回していたので、それに感化されて短期間で習得できたのでしょう。

環境の力って大きいです!

 

引越してから8年が経ちました。

みなさん、抜かりなく考えてらっしゃるでしょうけど、我が家は住み続ける中で色々と「ああしよう、こうしよう」という事も出て来ています。

子ども達も成長し、最近では色々と攻防してます。

家も子ども達も、そして私たち親も、成長し変化してゆくものなんだな、とつくづく思います。

そんな家族の生活の思い出が刻まれる場所が、家なんですね。

新居は注文住宅という事で、造り付けの家具をつくってもらっていました。

そのため家具を新たに買う必要はそれほどありませんでした。

リビングに2ヶ所と洗面所に1ヶ所、造作収納があります。

その代わり、造作家具は住んで何年か経つと傷ついたりとかすることを考えると、大事に使わないといけません。

サッと取り替えることができないので、いざとなったら壊さなければならなくなってしまうので…なんて思い、そうならないように気をつけて使っています。

子ども用の学習机は、しばらくは子どもたちがリビングで勉強していたので、住み始めてだいぶ後になってから購入しました。

ベッドも、中学生になってから、一人で寝たいと言い出したので、引っ越してから6、7年経ってから買いました。

そんな感じで、子どもの成長具合に合わせて家具を増やしていきましたね。

引越し当初に購入した家具といえば、主寝室で使用する小さな洋服ダンスだけでしょうか。

キッチンの収納も、パナソニックのシステムキッチンを入れることを考えていました。

あ、でもダイニングテーブルとリビングのソファは買い換えました。

それまで使っていたものは、引っ越し屋さんが持って行ってくれたんだったっけ、確か…。また家電の購入ですが、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジは、引っ越しとともに買い換えました。

エアコンについては、引越し業者さんが手配してくれたエアコン業者さんが、立川で使用していたエアコンを外して三鷹の新居に取り付けてくれました。

入居後しばらくしてから、2階に1台新しくエアコンをつけました。

また、リビングのエアコンは引渡し直後につける予定だったのですが、前もってきちんと設置場所を決めておけばよかったです。

設計上、動かしたいけど動かせない場所もあったり。

これだけは前もってよく考えておけばよかったなと思います。

そうそう、オーダーメイドのカーテンを作りました。

小池工務店に紹介してもらったカーテン屋さんです。

全部採寸してくれて、取り付けもやってくれました。

それまでは自分で取り付けていたのですが、結構大変な作業でしたので、だいぶ助かりましたね。

カーテンはカタログから選びました。

道に面している窓は特に大きかったのですが、外から部屋の内部が見えないようにしたかったのです。

そのため「外から見えにくいようなのが欲しい」と希望し、そこに最適なレースのカーテンをチョイスしてくれました。

また、今まで住んでいた家では和室に障子が入っていたのですが、時期によってはカビが生えてしまい、障子は嫌だったんです。

だから新居では、プリーツスクリーンにしました。

とてもよかったです。

3586707_m

これまで大阪、群馬と以前にも主人の転勤に伴い引越した経験はありましたが、その時は、すべて会社が引越し屋さんを手配してくれました。

荷物を詰めるのも、新居で荷ほどきをするのも全て引越し業者さんがやってくれました。

だから、引越し屋さんに触ってほしくないものだけ、あらかじめ自分で先に梱包しておく、といった調子でとても楽でした。

でも今回の引越は自分たちで家を建てたのが理由だったので、従来利用していたような引越し業者さんのサービスは利用せず、自分たちで箱詰めをしたりしました。

私と子どもたちは学校開始のタイミングの都合により実家に先に来ていたので、主人だけは引越しが迫った3、4ヶ月の間はマンションに単身で住んでいて、私は実家とマンションを行ったり来たりしながら荷造りをしたのを覚えています。

不要な家具を処分する際、立川では自分で粗大ゴミを施設に持っていけば、大きさによっては市民が持ち込めば無料で捨てることができたので、ちょくちょく持って行きました。

でも三鷹には、残念ながらそういう制度がないとの事で、それならば立川にいるうちに捨てなきゃ!ということで、使わなくなったベビーカーやチャイルドシート、カーペットなどはそこで捨てました。

マンションの解約手続きについても、立川のマンションは会社手配で借りていたマンションだったため、主人の勤務する会社が不動産屋さんと直接連絡を取り合って解約手続きをしてくれました。

最終日には不動産屋さんが家に来てくれましたが、それ以外は私たちは特に何もする必要がありませんでした。マンションを引き払うときは、私はすでに三鷹にいましたので、主人に最後の引越し屋さんの対応をしてもらいました。

引越し間際はとてもバタバタしていたため、ゆっくり近所の方へのお別れの挨拶ができず、「明日引っ越すから~!」とか言ったくらいでした。

でも三鷹に引越してから間もなく、立川から友達が遊びに来てくれたので、そこで色々なお話ができてよかったです。

私の家ができるまで~ママの家づくり~

『漆喰(しっくい)』

 

OBさんの家を見学に行った時に、すごく良いなぁと気に入って、我が家でも和室に土佐漆喰を使っています。

現在、多少ひび割れています。

ひび割れは気になるところですが、漆喰は基本的には割れるもので、やはりメンテナンスが必要なんですね。

ただ、クロスよりは汚れが少ないなぁ、という印象です。

調湿性能、殺菌作用もあるというのは気に入ったポイントです。

実際これまでの生活を振り返ってみると、「やっぱりこっちの部屋の方が空気がいいなぁ!」と和室で主人が言っていましたね。

私の家ができるまで~ママの家づくり~

『耐震設計と採光、どっちが大事』

採光

1Fのリビングの窓は、できれば南側全面を窓にしたいくらい開放的にしたかったんです。

主人が「南側からの光を存分に採り入れたい!」ということだったのです。

とにかく一番のこだわりが「採光」だったので、家の中にたくさん光を採り入れたい、明るい家にしたい、という希望が強かったんです。

しかしながら、耐震性を考慮し、それはやむなく諦めました。

耐震等級3を確保するために、限定された耐力壁の位置を優先させました。

その代わりに2階ロフトに窓を設けて、そこから射し込む光が1Fまで届くようにすることで、家全体に光がゆき渡るように工夫しました。

2階ロフトから1階に光を照らす

高いところに位置する窓から日が射す、ロフトや2Fの廊下の天井に窓が付いている、朝日が玄関に射す、などなど、とても明るい家になりました。

採光の工夫で玄関まで明るく

なにせ朝日で目が覚めるくらいなので、真っ暗にして寝たい人にとっては、私たちの家はキツいかもしれません。
(こちらの詳細は『設計に入りました(1)』をご覧ください)

 

耐震といえば、パナソニックのシステムキッチンを入れているのですが、地震の時、食器棚が勝手にロックされるようになっていて、実際に大きい地震があった時にそれが作動されていたので、それは良かったです。

私の家ができるまで~ママの家づくり~

『オール電化と光熱費』

 

キッチンにIHヒーターを使うなら、より電気代が安くなるから、ということでオール電化にしました。

うちでは家を建てるまではずっとガスを使っていましたが、お友達の家に行った時にIHコンロを見て、いいなぁと思い、採用することにしました。

オール電化ということで、HEMS(ヘムズ)の導入を検討し、アイセグをつけてみました。

本来、太陽光発電を設置して連携させた方が良いのですが、使用料を可視化するという点が良いと思い、ちょうど補助金も出たのでやってみよう!ということで採用しました。(我が家の場合、太陽光発電は予算オーバーな為、設置しませんでした。)

アイセグモニター

モニターにペンギンが出てきて、電気消費量が多いとだんだん氷が溶けてきます。

使いすぎると赤いランプがつくので、「使いすぎ!」とモニターをチェックする主人によく注意されます。

でもおかげで電気代はだいぶ減ったと思います。

ガスと電気の両方を使用していた以前と比べると、毎月の光熱費がだいぶ安くなりましたね。

また、エコキュートを使用していて、一定量の水が常に溜まっていることも一つのメリットです。

500リットルの水がタンクに溜まっているエコキュートは停電や災害時も便利

500リットルの水がタンクの中に溜まっているから、災害の時に仮に停電などで水道が止まった時も、タンクの水を使えるのでとても助かります。

これまで住んでいたマンションではガス式床暖房だったので、冬の時期の光熱費は今よりも高かったんです。

今の家に引っ越してからは、雪が降るような特に寒い日にはエアコンをつけますが、それ以外は冬の時期でも普段は床暖房のみで過ごせます。

断熱材を厚くしてもらったのも、実は影響しているようです。

断熱材を厚くしたおかげで冬も暖かい

父が、「断熱材は厚くした方が良い!」と何度も言っていました。

我が家にはデロンギのオイルヒータもあり、マンションではよく使っていましたが、現在は床暖房のない部屋で時々使う程度です。

とにかく皆が1階で過ごしている時は、冬は床暖房のみでじゅうぶん。

逆に夏は、クーラーをつけるしかないです。

近年、東京の夏は気温がどんどん高くなっていることもあって、夏場はクーラーをつけないと、流石に家の中が暑いです。

エアコンの効き具合はというと、1Fリビングのエアコンは、以前住んでいたマンション時代から使用しているものを持ってきてつけて使っているのですが、古いためかクーラーの効きがちょっと弱いかも。

一方、2Fに設置しているエアコンは新しいので、だいぶよく効いています。

家の断熱性や気密性が良くなるとエアコンの性能の良し悪しもハッキリと差を感じるようになりましたね。

私の家ができるまで~ママの家づくり~

『いよいよ施工開始も、“こんなに小さくて大丈夫かな…”』

『いよいよ施工開始も、こんなに小さくて大丈夫かな…』〜ワタシの家ができるまで “ママの家づくり”〜

子どもの学校入学のタイミングがあったので、3月に幼稚園の卒園式が終わってからまもなくして、子供達と私の3人は実家に引っ越しました。

最終的に家が完成する6月までの間は、主人だけマンションに残ることに。

建築現場の近くに仮住まいしていれば、1週間に1、2回ジュースを差し入れる程度かもしれませんが、私の場合は、施工を担当してくれたのが知り合いの大工さんだったので、なんとなく顔を見によく行っていました。

特に現場で大工さんが施工している時期は、毎日現場にお茶菓子を持っていきました。

工事がはじまり、上棟したばかりの頃は、家がすごく小さく見えたんです。

こんなに小さくて大丈夫かな…一体どんな家になるんだろう!?と心配したほどです。

上棟したばかりの頃は小さく見えた

でも監督さんが、「ちっちゃく感じるでしょう。でも家が建ってくるとそんなことないから安心してね!」と言うんです。

実際、全部建ち上がってみると、“あら、結構でかい!”という印象でした。

設計時と上棟時のイメージ、そして出来上がった家を見た時の印象とをそれぞれ比べると、途中だいぶ心配になったものの、完成してからの方がずっと良いと思ったものです。

1 / 812345...最後 »

最新のブログ

最新のお客様の声動画

カテゴリ

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2021年8月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031