三鷹の注文住宅なら株式会社小池工務店

MENU

HOME > ブログ

ブログ

昨年調布市にオープンしたワイヤースタントスタジオ&カフェ“K-Stunt Studio/ Kozy Stand Coffee”。

新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_1

弊社は施工を担当させていただきました(設計:石黒由紀建築設計事務所様)。

こちらの建物は、築50年あまりの木造倉庫を、カフェを併設したワイヤースタントスタジオにリノベーションしたのものです。

屋根部分を支える梁など、建物の構造を全体的に鉄骨で補強し、内壁は主に合板を使用したシンプルな造りに。

新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_10

スタジオ内は天井部分が大きな吹き抜けになっていて、スタントの練習ができる広いスペースで高さも十分に備わった施設です。

また採光を十分に確保し、木のぬくもりを感じることができる、明るく気持ちのよい空間です。

新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_2

スタジオはスタントのトレーニング場としてはもちろん、ヨガやヒップホップ、ジャズなどのダンス教室、またママと小さなお子様たちのコミュニティアクティビティースペースとしても活用されています。

2階にはスタジオのレッスン風景がよく見えるカフェがあります。

2階カフェにつながるスチール製のらせん階段は巧みな溶接技術によって施工され、シンプルながらもすっきりとした仕上がりとなっています。

新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_3

カフェもまた、木のぬくもりを感じ、落ち着く雰囲気に仕上がっています。

カウンター席からはスタジオの様子を眺めながらゆっくりと過ごすことができ、スタジオとの一体感を感じさせる空間にもなっています。

新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_4

テーブル席もあり、窓側の席は全て造り付けのベンチシートなので小さなお子様連れの方も安心して利用できます。

新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_8

カフェでは店主こだわりのニュージーランドスタイルのコーヒーや食事をたのしむことが出来るようです。

調布駅からは徒歩10分ほどで行くことができます。

スタジオでは様々なレッスンクラスが設けられていますので、ぜひ一度ご覧ください。

こちらの建物は、建築誌『新建築2019年3月号』に掲載されました。
新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_5

新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_6

新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_7

この度はこのような物件の施工を担当させていただきまして、まことにありがとうございました。

 
新建築に掲載されました(調布市のリノベーション)_9
K- Stunt Studio/Kozy Stand Coffee(ケイスタントスタジオ/コージースタンドコーヒー)
〒182-0034 東京都調布市下石原2丁目60−2
TEL:042-444-0744
定休日:不定休
営業時間:カフェ=10:00~18:00

3階建て住宅の上棟が無事完了しました。

都心の高層ビルも見渡せる最上階のバルコニーは快適そうです。

DF17DC73-5D34-4C0F-A5BF-E0212ECF9C1C 833210AC-82ED-4822-83F0-AB572C91D7B6

8853B5F9-C556-4616-AC99-38B090AEF50A

この度はまことにおめでとうございます。

94A82172-37CE-44B8-8320-F6BBA58FACE3

床下の設備配管も完了しました。

 

土台敷きのあと、床下の断熱材がピッシリと入りました。

 

8E86F6FB-145E-47B7-9FAC-8D3C82F32D36

1F9E5F1E-78DF-4954-8B3C-45FD562515B3

B51BA056-5979-497A-97B3-28C2857A24C4

 

そして足場をよくする為、1階の床合板を敷きます。

 

DDCA7576-E30D-480E-8F73-BD25BD324567

 

間も無く上棟です。

美しい基礎の完成です。

12413E09-DCE8-4F53-AF66-72F983024E6E

E7D98C8A-8D05-42AE-9B82-5C25A1EE88B5

先日恒例の一夜限りのライトアップを見てきました!

3F85EB36-DB1B-4A7D-B6A3-2C05ED4E2F26

地元の照明の会社のご厚意で毎年開催されていると聞いています。

野川の水面に反射した桜がとても幻想的で素敵な光景です。

P1020373

A1808420-5495-44BF-A701-4B307167C443

B9BF2568-CB05-44DE-915F-0D372E64B3AA

E8BD34F6-2CF6-4C2D-8EA2-2ACD233C44B4

アアルト展

アアルト生誕120周年記念イベントとして世界各地で開催されている国際巡回展が、現在東京ステーションギャラリーにて開催されています。

私も先日行きましたが、建築の専門的な内容が多くあって、私自身大変興味深いものでした。

その他、家具なども多数展示されていましたので、北欧インテリアに興味のある方にも参考になりそうです。

アアルトの魅力を感じていただける貴重な機会です。

4月14日(日)まで開催されていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

会場:東京ステーションギャラリー(JR東京駅 丸の内北口改札前)

私の家ができるまで
~ママの家づくり~

P1270690

なかなか思うように進まない日々が続き、私たちの土地探しは、半ば諦めモードでした。

そして「ここで最後だ」と思い、武蔵境の不動産屋さんを訪ねて私たちの希望を伝え、土地を探してもらうことに。

すると、私の実家の近くに土地があるということでした。

「こういうところあるよ!」と主人が私に言って来たのです。

私が言うと、「実家に近いからなんとか…」と言われてしまいそうですが、主人が先に気に入ってくれたら、色々とスムーズです。

それまでいろんな土地を見てきましたが、振り返ってみると「ここでよかった」とつくづく思います。

日当たり良好、近隣の環境、実家からの距離も近い。

建売住宅も見ていた理由としては、やはり金額的なものがありました。

主人が「安くて広いところがいい」と言っていました。

なので、最初から注文住宅じゃなきゃダメ、とは考えていませんでした。

そもそも土地探しを始めた頃、主人が重視したポイントは、高台のところ、景色がいいところ、広いところ、安くて広い土地、と言うことでした。

でも、主人は良くても、私は日常生活において、特に買い物とかが不便だと感じていました。

いいなと思っても、以前住んでいた方の家があって解体工事もこちらが負担しなければならない、など折り合いがつかないこともありました。

また、建売の土地は、まだ家が建っていない更地の状態から見ました。

ですが、狙っていた東南の角はなぜかいつも先に売れてしまっていて、断念しました。

建売の場所、東南の場所は大体ないんですよね。。

主人が日当たり重視でした。

朝日が見え、昼は南から日が差して、と言うのが希望だったんです。

当時住んでいた賃貸マンションは日当たりが良かったんです。

主人のこだわりは、日当たり、広さ。

私のこだわりは、利便性、小学校からの距離(子供が歩いて7,8分)、駅からそこまで近くなくても歩いてなんとか行ける距離がいい。

歩いて20分弱であれば、自転車で行けば楽に行けますしね。

P1270693

結局は、土地探しをスタートした当初に比べ、「これはしょうがないね」と色々な部分で妥協しました。

土地の面積も小さくなりました。

でも、「ここだけは確保したい」という夫婦二人のこだわりポイントは残して土地探しをした結果、現在住んでいる土地を見つけることができました。

最後は親が「こんな近くにいい土地があったんだから、俺も援助するんだからここにしろ!」という後押しもあり、その土地で決まったのでした。

土地を決めるまでにいろんな不動産屋さんと会いましたが、やはり人それぞれ、と言うのが正直な感想です。

実際、私が武蔵境の不動産屋さんにお会いした時、「この人で決まるな」という直感がありました。

「この人で決められるんじゃないかな」という感じがあったんです。

もちろんお会いした不動産屋さん、みんな一所懸命私たちのために土地を探していただいていましたが、なぜかピンと来なかったんです。

でも、最後の不動産屋さんでは、「この人でどうにかなるんじゃないかな」って思ったから不思議なものです。

私の家ができるまで
~ママの家づくり~

P1270691

ワタシの家づくり、土地探しからホントに大変でした。

一生過ごす場所になるので、ご近所の方も快適に過ごすには影響しますが周りの方もホントよかったです。

例えば、昔からの学区域のつながり、すでに出来上がっちゃっているコミュニティに入るのは結構大変。

正直な話、「ここの近所の人は入りにくそうだな」と感じる土地も中にはありました。

幸い、小学生もいっぱい住んでいる地域で、近所の子ども達がすぐ友達になってくれました。

ご近所のママの中には、「あなたは何だか昔からいるみたいね~」なんて言われたり。

最初から仲良くしてくださいました。

小学校には4月に入学して、完全に引っ越したのは6月でした。

引っ越すまでは、実家から新居の場所までわざわざ毎朝子どもを送り、近所の方と一緒に登校できるようにしていました。

この2ヶ月は、本当に大変でした。

もともと、家を建てるなら子どもが小学校へ入学する時に、と思っていました。

もし、このタイミングを逃していたら、その後も賃貸マンションにずっと住んでいたと思います。

立川市に住んでからすでに3年が経ち、子どもも友達がたくさんできていたので、そのまま住み続けても良いと思っていました。

土地探しは、1年くらいずっと土地探ししていましたが、なかなか気に入った土地が見つかりませんでした。

「もう見つからないかな・・・」と諦めかけた頃、現在住んでいる土地が見つかりました。

土地探しの際に問題になったことは、子供達の学校の入学から逆算すると、時間も限られていました。

引越しのこともありましたし、家を建てるまでにあまり時間がありませんでした。

ですので、設計の時から時間があまりなく、忙しかったのです。

住んでいた立川を中心に、八王子や東大和などにまで範囲を広げて土地を見ていました。

建売住宅も見ていました。

一時は土地が決まりそうになりました。

「もうここにしよう」と主人は言いましたが、私が反対しました。

と言うのも、土地自体は良かったのだけれど、敷地周りの環境が気に入らなかったのです。

暗い感じ、お墓がある、ドブ川がある、などなど。

結局、契約直前で断ったのでした。

(次回に続く)

ニュースレター Vol.18 発行いたしました。

IMG_7489

【掲載内容】

●ママの家づくり『ホント大変、土地探し』

●イベント情報 『国産の無垢柱の香りを、現場で直接体感してみましょう!
         3/10(日)~構造現場見学会、4/下旬~完成見学会』

●TRAEL BLOG 『~北欧編:アアルトを訪ねて~ ユヴァスキラ教育大食堂~労働者会館』

ご希望の方は送付させていただきますので、ご連絡の程お願い致します。

2 / 512345

最新のブログ

最新のお客様の声動画

カテゴリ

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031