三鷹の注文住宅なら株式会社小池工務店

MENU

HOME > ブログ >  ワタシの家ができるまで”ママの家づくり” > 『耐震設計と採光、どっちが大事』〜ワタシの家ができるまで “ママの家づくり”〜

『耐震設計と採光、どっちが大事』〜ワタシの家ができるまで “ママの家づくり”〜

私の家ができるまで~ママの家づくり~

『耐震設計と採光、どっちが大事』

採光

1Fのリビングの窓は、できれば南側全面を窓にしたいくらい開放的にしたかったんです。

主人が「南側からの光を存分に採り入れたい!」ということだったのです。

とにかく一番のこだわりが「採光」だったので、家の中にたくさん光を採り入れたい、明るい家にしたい、という希望が強かったんです。

しかしながら、耐震性を考慮し、それはやむなく諦めました。

耐震等級3を確保するために、限定された耐力壁の位置を優先させました。

その代わりに2階ロフトに窓を設けて、そこから射し込む光が1Fまで届くようにすることで、家全体に光がゆき渡るように工夫しました。

2階ロフトから1階に光を照らす

高いところに位置する窓から日が射す、ロフトや2Fの廊下の天井に窓が付いている、朝日が玄関に射す、などなど、とても明るい家になりました。

採光の工夫で玄関まで明るく

なにせ朝日で目が覚めるくらいなので、真っ暗にして寝たい人にとっては、私たちの家はキツいかもしれません。
(こちらの詳細は『設計に入りました(1)』をご覧ください)

 

耐震といえば、パナソニックのシステムキッチンを入れているのですが、地震の時、食器棚が勝手にロックされるようになっていて、実際に大きい地震があった時にそれが作動されていたので、それは良かったです。

最新のブログ

最新のお客様の声動画

カテゴリ

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930