三鷹の注文住宅なら株式会社小池工務店

MENU

HOME > ブログ >  工事・施工

 工事・施工

敷地の地盤が建物を建てるのに十分な強度がない場合は、地盤補強工事を行います。

例えば柱状改良工法。

地縄を張り、どこに穴を掘ったら良いか場所の確認をして、位置出しを行います。

9889472008896

9889472224536

そして、大きな重機を使い、巨大なドリルで地中に穴を開けていきます。

その際ドリルの先からセメント系固化材が出て、掘った穴の部分の土とセメントが混ざっていきます。

最終的に柱状にコンクリートが固まるというのが、柱状改良と呼ばれる理由です。

9889085424638

出来上がった地中の「柱」が、きちんと予定通り基礎が施工される場所の真下に位置しているか等を再確認して、作業は完了です。

地盤が安定していなければ建物が丈夫でも安全であり続けることができません。

それゆえ、とても大切な工事です。

新築注文住宅の玄関ポーチタイル工事の様子です。

9889467248709

毎日玄関を行き来する際に通る玄関と、その足元のタイル。

場所によってはサイズに合わせてタイルをカットします。

そして施工されたモルタルの上に、職人さんが1つ1つ丁寧にタイルを貼っていきます。

まさに寸分の狂いもなくピッタリ合わせて施工してゆくその仕事は、見ていて気持ちが良いものです。

出来上がってしまうとあまり注目されにくい玄関タイルですが、改めて見てみると、職人さんのきめ細やかな仕事を実感していただくことができるかもしれません。

 

3階建て住宅の上棟が無事完了しました。

都心の高層ビルも見渡せる最上階のバルコニーは快適そうです。

DF17DC73-5D34-4C0F-A5BF-E0212ECF9C1C 833210AC-82ED-4822-83F0-AB572C91D7B6

8853B5F9-C556-4616-AC99-38B090AEF50A

この度はまことにおめでとうございます。

94A82172-37CE-44B8-8320-F6BBA58FACE3

床下の設備配管も完了しました。

 

土台敷きのあと、床下の断熱材がピッシリと入りました。

 

8E86F6FB-145E-47B7-9FAC-8D3C82F32D36

1F9E5F1E-78DF-4954-8B3C-45FD562515B3

B51BA056-5979-497A-97B3-28C2857A24C4

 

そして足場をよくする為、1階の床合板を敷きます。

 

DDCA7576-E30D-480E-8F73-BD25BD324567

 

間も無く上棟です。

美しい基礎の完成です。

12413E09-DCE8-4F53-AF66-72F983024E6E

E7D98C8A-8D05-42AE-9B82-5C25A1EE88B5

E8BD34F6-2CF6-4C2D-8EA2-2ACD233C44B4

調布市の現場にて。

間もなく建築がスタートする土地の地盤調査です。

 

IMG_4922

 

このドリルの先端が回転し、地面の中に入っていきます。

IMG_4920

 

グリグリと、ゆっくりと地面の中に入っていき、地盤の硬さを測ります。

 

基礎工事 全体

杉並区久我山での基礎工事は、順調に進み、まもなく完了です。

足元から支えるアンカーボルト

基礎の立ち上がり部分から飛び出ている金属、アンカーボルト。

基礎とその上に乗せる土台、そしてその上に立ち上がる柱とを固定するものです。
今はもうコンクリートの内部に隠れていますが、
「アンカー=いかり」型になっています。

家が完成してからも長期間にわたって、建物を足元から支えます。

アンカーボルト

今は基礎しかない状態です。
見た目の印象としては「以外と小さい??」
と思いがちです。

ですが、上棟を迎えて構造が組まれると、家の輪郭が見えてきます。
すると、基礎しかなかった時に見た印象とは違ったものになります。
実際の面積は変わらないのに、何とも不思議です。

いよいよ上棟直前

いよいよもうすぐ上棟です。

こんにちは、小池です。

東京でもまた雪が降りましたね。
今年は例年より雪が多いようです。

さて、杉並区の新築工事。

地鎮祭

雪が残る中、一部だけ雪を取り除き、予定の日程通り地鎮祭を行いました。

建物を建てるにあたり、工事の無事と、たった後に安心な生活を営めるように地鎮祭を行います。

地鎮祭は、必ず行うわけではありませんが、お客様のご希望により実施します。

 

そして雪を完全に取り除いた後、基礎部分の施工がはじまります。

建物の外周部の下に位置する基礎立ち上がり部分に沿って、土を掘削していきます。

「根切り」という作業になります。

根切り

根切り

レベルを常時計測しながらズレのないように進めていきます。

一般的には「ミキサー車」と耳にしますが、正式には「アジテータートラック」と言います。

このアジテータートラックのコンクリートをポンプ車で圧送し、基礎の隅々に均一に行き渡るようホースをさばいています。

耐圧盤コンクリート

そして基礎屋さんはしっかりと締め固めています。

最近はユニット鉄筋といって、あらかじめ工場で先に組見上げたユニット鉄筋を使用することが増え、現場での作業がスムーズになっています。

ユニット鉄筋

配筋が終わると、耐圧盤コンクリートを打設します。

ポンプ車

ポンプ車によって・・・
生コンが勢いよく流れていきます。

ミキサー車

こちらは、コンクリートの流れ出る量を微妙に調節しています。

ミキサー車からポンプ車に移しているところですが、レバーを動かして、ポンプ車から十分な生コンがコンスタントに出るように、生コンの量をキープしています。

 

そして、生コンを流し込んだ基礎部分では、バイブレータを使用して隙間なくコンクリートが行き渡るように作業しています。

こんにちは、小池です。

杉並区にて新築工事がはじまります。

この地域には、数年前に建築させていただいたお客様宅が数件あり、ちょっと懐かしい気持ちになりました。

さて、工事はというとまず、着工の準備として、根伐り前に雪を搬出します。

 

IMG_0495

 

驚くほどの量です。

4年ぶりの大雪、とニュースでは言われていましたが、まさにその通りだと実感するばかりです。

 

IMG_0496
そしてさらなる驚きは、、、
トラックに載せた雪が低温のため全然溶けない、という予想外の出来事。

そして、ようやく雪を取り除くと、
やっと根伐り工事に取り掛かります。

根伐り工事では、基礎に沿って地面を掘り下げてゆきます。

 

IMG_0497

ちなみに、東京でもまた雪が積もるそうですね。
まさに今、雪が降ってきました。

今年は雪が多いですね。
明日はどれだけ雪が積もるのでしょうか??

1 / 11

最新のブログ

最新のお客様の声動画

カテゴリ

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031